看護師さん転職時のお祝い金は40万円?

あ、勿論僕は看護師でもなく、医療関係に携わってる訳でもないただの会社員ですので、いい加減な事をいうな!と不快に思われる方は飛ばしてください。

ただやはりダメサラリーマンたる者、転職を考えない事はありませんので、ついアンテナを立ててしまうのです。

 

夢のセミリタイア、現実の失業保険

付け加えれば妻が昔医療関係に従事していたものの、今は専業主婦として資格を埋もれさせて勿体ないなと思う事。

あと自分自身、今の世の中にこれだけニーズがある人達がいるという驚き、羨望からです。

妻の場合、医療技師であまり需要がないのと、体調を崩しているので再就職は難しいですが、勤めていた時は夜勤が多くハードな仕事と言うのはそれなりに理解しています。

それにも増して看護師さんが技師職とは比較にならないぐらい体力的な負担とリスクを抱えている事は素人目にも容易に想像できますが、待遇面で納得できればこれほどやり甲斐がある仕事は無いと思います。

僕ら中高年親父にとっては白衣の天使様のイメージですしね(王子様もいますが)。。

なので健康上の問題がなければ、転居、結婚、出産、育児などで続けられなくなった方や現職でも待遇面の不満で別の職種を考えている方は、その価値を見直すべきかと。。

昨今の求人情報を見ていると

看護師さんほど必要とされる職種はない

その証拠に、看護師さんが転職求人サイトに登録して就職が決まった際は多額のお祝い金が出る事が多いのはご存知かと思います。

近年まではそれが数十万円にもなる状況でした。

凄いですね~。(もちろん転職求人サイトに登録しなければお祝い金はでないんですが、8割の方がサイトに登録してないのは少し勿体無い気がします)

募集している所はそんな出費をしてでも看護師さんを見つけたいんだな~と感心したものです。

僕ら平凡なサラリーマンの転職とはえらい差です!

ところが最近、そのお祝金が数万円に下がっているそうです。

人余りでもないし、需要が減ったわけでもないのにどういう事なんだろう。。

どうやら最近、厚労省から

お祝い金の支給は好ましくない

との指針がでて、2018年に職業安定法の改訂を予定しているらしく、それを受けて転職求人サイトさんが軒並みお祝い金を縮小しているらしいんですね。

その理由は、

『転職求人サイトが半年程度で再転職を促し、看護師さんの離職率が逆に高まったこと』

であり、改訂内容は、

『サイトごとに求人紹介件数と半年以内の離職件数を開示し、2年間は転職を促さない』

ということです。

これはあくまで転職求人サイト側に対する指針であって、転職者個人に半年や2年の就業を義務づける話とかではないので誤解なく。。

現状、転職求人サイトとしては 「好ましくない」 の文言を額面通り受け取ってお祝い金を減らしつつあるということです。

ただ、これはあくまで厚労省のお気持ちであり、

ある金額以上は違法だとか摘発だとかいう話ではないので、例えば ジョブデポ看護師 さんなど少数のサイトは今も40万円を上限にお祝い金を出しているようですね。

非公開という事ですが。。

そもそもなぜ多額のお祝い金を出せる?

そこには、どの病院も看護師不足に苦しんでおり、転職求人サイトに莫大な報酬を支払ってでも人材を確保したいという背景があるようです。

もちろん転職求人サイトにしてもその報酬をつぎ込んで大大的に宣伝、広告活動をするんですが、フリーの看護師さんが集まらない。

転職求人サイトとしてはそもそも看護師さん人口が少ない中で、広告費や人権費を掛けて結局確保できないという無駄骨を考えれば、広告宣伝費を削って応募者本人に現金支給することにして、特に資格を持ちながら何等かの理由でリタイヤしている元看護師さんを沢山呼びこんだ方が効率が良いという判断ですね。

転職求人サイトさんが病院側から貰う報酬はどの程度なのか明らかではないものの、イメージ的には就職した方の年収の20~50%らしく、それが高額なお祝い金を出してでも何度も転職を促したい理由にはなります。

さて先述のお祝い金額が減りつつある中で、いまだに多いところもある件ですが、転職求人サイトとしては

病院側からの報酬は高いほどいいけど、高くし過ぎると他のサイト取れれてしまう。

看護師さんへのお祝い金は少なくしたいけど、少な過ぎると他のサイトに取られてしまうので、自社の経費や規模に応じて丁度いいお祝い金の額を設定するんですよね。

もちろん、転職者にとってはお祝い金だけが決め手ではないし、どれだけ親身になって就職先と交渉してくれるかが一番大切なので、沢山の紹介先を抱える転職求人サイトとはいえ、1つに絞らないでいくつかは登録すべきかと。

病院との面接日設定前であれば最終的にどのサイトを選んでも大丈夫のようです。

それにしても休職されていた方や新卒の方はともかく、

現職継続の方が登録する意味は?

もちろん多少なりとも転職を視野に入れるとして、転職の場合はお祝い金程度でペイできない金銭的なリスクは当然あるし、待遇が逆に悪くなるリスクもありますね。

ただ、本当に現状の給料が世間相場と比べて十分高いと言えるのか、不満に思える待遇、処遇、労働条件は他の病院でも似たようなものなのか、一度相談して確認してみる価値はありそうです。

 

これだけニーズがある資格職業なのだから、もし転職するならかなりの処遇改善を受け入れて貰える筈だし、今の職場が意外に良い所だとわかればストレスは減るかもしれません。

現職継続でも待遇向上を交渉できるかもです。。

僕なんかは何の資格もいらないただのサラリーマンだから会社やめても再就職口がないし、やめたら感謝されるだけなので、待遇改善なんてとんでもないですよ(むしろ会社の不良資産ですので。。)

どんなに上司に無理なことを言われても、管理職の端くれなので際限なく長時間働いても、ただひたすら会社にしがみついて定年を迎えるしかないんですよね。(あ、つい愚痴が。。)

可能性があるのは定年後にお小遣い程度の収入の会社に入るぐらいかな。

もしかしたら独立してFP(ファイナンシャルプランナー)とか、勉強すれば出来るかも。。

なにしろ30年に渡る駄目サラリーマン人生からくる生の金銭感覚は他のFPさんには負けないと思うので(笑)。

外貨建て終身保障生命保険の威力

そんなに世の中甘くないですね。。

ほんと、今更ですが、社会に必要とされる資格やスキルを持つ方が羨ましいです!

 

お祝金が貰える求人、転職サイト

分野 サイト 入職内祝い金 入職紹介金 登録のみ
バイトさん ギガバイト 15万円 無し
リゾートバイト 10万円 1万円
マイベストジョブ 2.5万円 無し
マッハバイト 1万円 無し
看護師さん ジョブデポ看護師 40万円 無し
看護プロ 12万円 3万円 本人/紹介3千円
美容科さん キャリアプレゼント 10万円 無し
薬剤師さん ジョブデポ薬剤師 40万円 無し
メディカルリンケージ 30万円 3万円 本人/紹介3千円
保育士さん 保育士コンシェル 10万円 無し